GRANDE LAZOS FC

JA杯第38回佐賀新聞学童オリンピック大会サッカー競技佐賀県大会 惜しくもあと一歩及ばず準決勝で屈する

12月10日 日曜日

西多久多目的運動広場人工芝にてJA杯第38回佐賀新聞学童オリンピック大会サッカー競技佐賀県大会準決勝・決勝の結果をお知らせ致します。

グラッソFCは準決勝で唐津FCさんと対戦致しました。

序盤はグラッソの流れとなり、ファーストシュートもグラッソが先に打つ展開となり、良い流れで試合を展開できていましたが

コーナーキックからシュートを打たれ、カバーに入った選手がゴールライン上付近でブロックしてボールを掻き出すことができましたが、判定はゴールインの判定となり先制点を奪われて0-1となりました。

その後は一進一退の攻防となり前半を終えました。

後半は何とか同点に追いつこうとグラッソが攻勢をかけて相手陣内で押し込む展開となり、相手のチャンスも試合を通して先制点の1本だけに抑えて攻め込むことはできましたが、ゴール前のチャレンジや精度を欠き、得点を奪うことはできず

そのまま試合終了となり、0-1の敗戦。

相手のワンチャンスに屈しました。

同点に追いつける流れにもなり、後はゴールを奪うだけという場面で惜しいチャンスもありながら、中々ゴールを奪いきれなかったことは非常に残念でしたが

選手達は今持っているものを全て出し尽くしてベストを尽くしてくれました。

後半フォーメーション・ポジションを変更しながら攻勢をかけることはできましたが、ゴールが奪えない、ワンチャンスで負けること

これが「サッカー」です。

でも、先週の試合で出せなかった内容の部分、練習でやってきたことは非常に出せたと思います。

プレーで表現してくれたことはとても良かったです。

本当にあと一歩の所で九州大会を逃し、頂点に立つことはできませんでしたが、あの舞台に立てたこと

ピッチ上で、ピッチ付近で体感したこと、経験したことは本当に貴重な経験ができたと思います。

勝って学びたかったのが正直な気持ちですが、本当によく頑張ってくれました。

この景色・体感・悔しさ・それぞれの想いを大切にしながら、表彰式で4種委員長が選手達に伝えていただけたメッセージを胸に

これからのトレーニング・日常でさらに真剣に取り組んでほしいと思います。

我々はまだクラブ創設3年、4年目のチームです。

ここまで来れたことに感謝の気持ちを持ちながら

また新たな高いレベルの安定を求めて習慣化されることで、またこの素晴らしい舞台に戻ってこれることができると信じています。

また新たな目標に向かって頑張っていきたいと思います。

大会を運営していただきました佐賀県サッカー協会4種委員会の関係者の皆様

対戦していただきました唐津FCさん

本当にありがとうございました!!

そして、沢山の応援をいただきました選手の保護者・家族の皆様、グラッソの選手達、チーム関係者の皆様

本当にありがとうございました!!

優勝したサガン鳥栖さん、準優勝の唐津FCさん

3月の九州大会のご活躍をお祈りしております。

 

準決勝
vs唐津FC
0-1(0-1.0-0)

GKこうた(5年)
DFあおば(5年)りゅうせい(5年)
MFけんしん(2年)よしかず(5年)はると(3年)こうが(5年)
FWひびと(5年)

後半10分〜
GKこうた
DFこうが、りゅうせい
MFあおば、はると、けんしん
FWひびと、よしかず

 

コメント

*
*
* (公開されません)

080-2725-1024