GRANDE LAZOS FC

頑張ったご褒美

先日のサガんリーグU-15の監督会議に出席したときに

今年度のサガんリーグで3部Ⅲグループで2位に入り、この年代で初めて表彰していただきました。

 

 

ジュニア年代もそうなんですが

本来は施設に飾るのが普通なんです。

 

 

しかし、今回のサガんリーグはもちろん6年生~中2までの選手達の頑張りによるものではありますが

中3で1人、息を吐いて汗かいて

チームのために牽引してくれて

チームとしての貢献度が1番高かったなおきにプレゼントすることにしました。

 

卒団式で渡すことも考えましたが

そこまでは待てないなと考えて

今日渡すことにしました。

 

 

 

これまで本当によく頑張ったと思います。

高校はサッカーではなく、自分の夢に向かっての進路選択となりましたが

ここで頑張ったことは必ず将来に生きてくるはずです。

 

瑞季やはやき、こうのすけやくらのすけのように

行った先で必ずここでやってきたことが活かされます。

 

この賞状と盾を見て

自分が積み上げて残してきて

私にボロかすに言われたことを思い出しながら

苦しいときも辛いときも、ここでやってきたことを胸に

自分の目標や夢に向かってさらに積み上げて頑張ってほしいと願っています。

 

 

 

そして、これからグラッソFC U-15

グラッソFCジュニアユースは、ますますパワーアップします。

 

 

 

今の6年生達がそのままジュニアユースに引き継がれ

選手の数も増えて、層も厚くなって

もちろん、競争も激しくなって

チームとして強くなり続けてくれるはずです。

来月からは中学県新人戦にも初挑戦します。

 

ここまでジュニアユースが来たのも

紛れもなく卒団した1期生達

そして、中3の選手

なおきの存在があったからこそです。

 

 

しっかりとした土台ができつつあります。

これから足場をさらに固めて

育成においても、チームとしても

唯一無二の価値のある選手・クラブになっていくことでしょう。

 

そうなったときに、この賞状と盾が「スタート」だったんだと言うことが本人が感じることができれば

「誇り」に変わり、さらにこの賞状と盾の「価値」が高まります。

 

盾を持ったら重たかったです。

それくらい先人が残してくれたモノは大きい。

 

 

土台ができたら

「ホップ・ステップ・ジャンプ」ができます。

飛躍することができます。

 

ジュニア年代はまさにそうなりつつあります。

むしろもうなってきています。

 

これがそのままジュニアユースに波及することは間違いありません。

何故なら、グラッソの選手達はジュニア年代から育成し、ジュニアユースにそのまま引き継がれていくからです。

 

これからのジュニアユースのチャレンジ・成長がとても楽しみです。

 

在団生達は先人達が残してくれたモノを大切に

グラッソスピリッツを持って日々を取り組んでほしいと思います。

 

コメント

*
*
* (公開されません)

080-2725-1024