GRANDE LAZOS FC

天井を見れた、感じれた今後の取り組みが大事

今日の全日本U-12サッカー大会決勝

ソレッソ熊本がFCアロンザを1-0で勝利し、全国制覇を果たした。

 

FCアロンザもチーム創設6年での全国ファイナルは賞賛に値することです。

ボールに対して攻撃も守備も連動して個人技術・スキルも高いものがあった。

素晴らしい戦いでした。

 

 

ソレッソ熊本は初の決勝進出で初の全国制覇を果たした。

本当におめでとうございます!!

 

 

ソレッソさんとは今年3月末に練習試合をさせていただいた

 

 

この「日本一」のチームと試合ができた

「日本一」とは何なのかをこの試合・時間で感じれたことは大きいと思う。

 

育成で大切な要素の1つ

「天井を見ること・感じること」

 

対戦してみて体感したこと、振り返りが

今後のサッカー人生に大きく左右されるし、活かされるはずです。

 

来年はあの舞台に我々が立てるように。

 

 

 

そして、もう1つ感じたこと

「Jクラブと街クラブの差が無くなった、むしろ超えてきた」ということ。

 

これは日本サッカー少年年代の「劇的な変化」を表しています。

 

Jクラブの良さがあるんだけど、そこが薄れていきつつあり

街クラブのストロング・特徴が大きく発揮されてきているのが実情です。

 

街クラブのチーム・指導者の皆さんの努力とブランディング・マネージメント

それが選手・保護者の皆さんに伝わって

街クラブのレベルがホップ・ステップ・ジャンプと飛躍してきました。

 

しばらくこの流れは続くと思います。

 

Jクラブも育成に対してより真剣に向き合わないと

周りから評価されなくなってくるでしょう。

 

ベスト16のチームにJクラブが3チーム(ジェフ・マリノス・横川武蔵野)

16分の3です。

 

ベスト8ではジェフの1チーム

 

ベスト4には1チームも上がれず

ベスト8で全滅です。

 

 

スペインではあり得ません。

レアルマドリードやアトレティコ・マドリード

バルセロナなど、ラリーガのチームは負けません。

 

ベスト8やベスト4にはラリーガのチームしか残っていません。

今年スペインで出場したイスカルカップではベスト4にレアルマドリード、アトレティコ・マドリード、レバンテ、バレンシアの4チーム

ラリーガの4チームがベスト4に残りました。

これが「現実」であり、「当たり前」です。

 

 

「当たり前」ではなくなっていることを感じて

Jクラブは切磋琢磨していかないといけないし

選手・保護者はシビアにそこを見て正しい評価をした上で

目指すか目指さないか、行くか行かないかを選ばなければいけないし

街クラブにとっては生き残る為に、そしてよりクラブの価値を上げるめちゃくちゃ「チャンス」の状態です。

 

我々も佐賀において、そこの「牙城」を崩すべく

来年もチャレンジしていきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

080-2725-1024