GRANDE LAZOS FC

ここ最近の練習

火曜日のジュニア練習

 

「高い目線で合わせる」ということを伝えながら

先日優勝した熊本うきうきサッカーフェスティバルでのお話もしました。

 

 

木曜日にも少しミーティング

 

サッカーに関わる全てにおいて「リスペクト」しようと皆で確認。

常に感謝の気持ちを持って取り組むことの重要性を説きました。

 

いくらサッカーが上手くても

そこが欠けていたら大成しませんからね。

 

 

金曜日のU-15の練習

 

金曜日の練習は

中学生に加えて、U-15カテゴリー契約している6年生や5年生

そして、2年生のけんしんが交ざって練習。

 

 

最近は新たにここで練習してもいいであろう評価をしているジュニアの選手も数名います。

彼らはオンザピッチ・オフザピッチ共にここで練習するに値する取り組み・行動ができていて

私を始め、コーチ陣が高い評価をしています。

 

 

 

 

いつもそうなんですがグラッソの練習は強度が高いです。

そして「考えて」「集中力」を持って練習に取り組まないとついてこれません。

 

ジュニアもそうですが、ジュニアユースもさらに練習での強度を上げています。

そして、シンキングスピード、プレースピードもそれに連れて速くなります。

 

U-15はサガんリーグに向けて

ジュニアはU-10・U-11と九州大会を控えています。

 

 

しっかりそこの「ベース」の乗らないと

ただ参加するだけで終わってしまいます。

 

それでは得るものは少ないし

下手したら収穫が無いと言うこともあり得ます。

 

 

だから、闘うベースを高く設定して

どんな状況でも、どんな相手でも、どんなレベルでも

自分たちをしっかり表現できて

結果を残すことに意識を持っていってトレーニングしてもらっています。

 

 

その成果が昨日のU-15練習試合にも出ていました。

素晴らしい内容でした。

新人戦も素晴らしい内容でしたが、さらに上回る内容でプレー出来ていて

積み上げがはっきり見える内容でした。

 

 

でも、まだ隙があったり、質が落ちたり

そもそもの質が悪かったりと言うこともあるので

自分たちで高い目線で向き合って、自分たちを厳しい環境に持って行って

取り組んで欲しいです。

 

 

中2だからとか

中1だからとかは全くありません。

 

6年生や5年生でも、けんしんでも

「結果を残せる選手」「チームに貢献できる選手」「勝利に欠かせない選手」を我々がジャッジして

ベストを尽くせる選手の選考をしていきます。

 

グラッソはリーダーと言われる選手が数名いて

その選手達からの意見・評価も入れて判断しています。

 

それぞれの評価を上げていくことが

試合での出場時間・パフォーマンスに直結します。

 

 

 

チームとしての積み上げは素晴らしいですが

個々で見たら課題があったり、できていないことがあったりでまだまだ足りないですが

そこと向き合いながら「チームプレー」を尽くせる選手でもあって欲しいですね。

 

 

 

その後、昨日の夜は

ジュニア練習

 

午前中の練習試合に参加した6年生・5年生・2年生のけんしんは2部練習です。

 

九州大会まであと2ヶ月を切りました。

今が積み上げるチャンスです。

 

 

この日の練習はゲーム中心で

かなり強度を上げて練習できました。

 

 

素晴らしい環境で練習ができています。

 

ジュニアの選手達も同じように

できることを増やして、闘うベースをしっかり作って

上位の大会でもしっかり自分たちのプレーができるように

自分に厳しく、高い目線で取り組んで欲しいですね。

コメント

*
*
* (公開されません)

080-2725-1024