GRANDE LAZOS FC

選手の価値を上げる

古橋亨梧が〝個人3冠〟達成…セルティックは今夏の移籍金を34億円超に設定(東スポWEB)

https://news.yahoo.co.jp/articles/0658c93b4864ddc4913b0092c35e9e88d81ce5ac

 

 

選手の価値を上げると言うこと

それは「環境」と「個の力」の充実があってこそです。

 

 

そして、その「選手の価値を上げる」環境こそ

セルティックが最も最適です。

これは間違いない。男子も女子も。

古橋選手もそう、旗手選手も前田選手も

JリーグMVPの岩田選手、小林選手もこれから選手としての価値を上げていくことでしょう。

 

 

私の目標であり、夢であり、戦略としては

「グラッソFCから直で海外に男子選手・女子選手を送ること」であり

それに1番近く、提携・連携をすることになる「セルティックにプロ選手を送ること」

これ以外にありません。

 

 

中学生まで選手を育成して

そこから15歳でセルティックに選手を送り

16歳で契約を勝ち取り、17歳・18歳でトップデビューすること。

 

 

いきなり飛び立ってすぐに評価されるほど

世界は甘くはありません。

 

やっぱり一定期間見てもらう

成長過程や、結果を残せる選手かの見極め期間は絶対に必要。

 

 

その中でここグラッソでサッカー選手としてできること

成長して身につけなければならないことを身につけて

語学も身につけて

評価される・結果を残せる最高の準備をした後

セルティックへ羽ばたくのが理想。

 

 

語学に関しては語学アプリの導入でクリアできる環境はできる。

後は実力を身につけて

人間性・人間力を磨いて

勉学に励んで、向こうに旅立ってほしい。

 

 

その準備はできている。

 

 

後は選手達が目標を持って

夢を大きく持って

そこに向かって「本気で」「真剣に」「諦めず」に取り組めることができるか。

 

 

それもケビンがメッセージしてくれた、グラッソFCとセルティックのパートナーシップのもと

「グラッソの選手たちのセルティック訪問」

「将来的には年間を通じてセルティックサッカーアカデミーコーチ陣がグラッソFCを定期的にサポートします」

という意味に繋がるんです。

 

 

昨日、県庁のプレス室にも提出させていただきました。

 

これからさらに認知が広がっていくはずで

注目度は高まっていきます。

 

 

その注目に合うように

そして、夢・目標を選手やクラブとして叶えられるように

取り組んでいきましょう。

 

 

私も定期的にスコットランド・セルティックに行かせていただきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

080-2725-1024